秋の講演会

市の私立幼稚園PTA連合会主催,秋の講演会に行ってきました。
講師は佐々木正美先生。精神科医として精神医学をはじめ,子どもの臨床や自閉症療育等多岐に渡る分野に長年携わってこられた方です。
今年はミミが通う幼稚園がP連の会長園になっており,園長先生がぜひこの方に,と2年前からラブコールを送って実現した企画だそうです。
テーマは「ひびきあう心を育てたい」でした。

他の国との結果と比べながらの日本の子どもたちに対するアンケートの結果に驚いたり,あいたたた,と思ってしまうようなことを指摘されたり。以下自分のためのメモ。

喜びを共有しあった経験をもたない人は,他人の悲しみを共有することができません。
親と祖父母の愛情は違います。親同士が親しい間柄の家には,子どもは安心して遊びに行けます。そして,そうした多くの人との触れ合いがコミュニケーション力をつけるのです。
お風呂で水遊びをしたって怒らないでください。それを喜んでやっているのですから。たかだか数分のことですよ。
大人の空腹感と子どもの空腹感は違います。子どもは本当に我慢できないんです。
怒るときに,わかりきったことをくどくど繰り返してはいけません。それは諭しではありません。
子どもが喜ぶことをしてあげることを,自分の喜びとする親であってください。

[PR]
by binnette | 2006-11-09 13:23 | 幼稚園