曲がりきゅうり

ミミを幼稚園に送っていくと,お友だちのママがビニール袋をいくつかさげて,にこにこしながらやってきました。
「親戚が農家やってて,たくさんもらったから,もらってー!曲がりきゅうりなんだけどぉ」
ラッキー♪ピクルス作るの大好きだから,曲がりきゅうりでも大歓迎よー^^。
a0074202_22455842.jpg

ありがたく頂戴して,家へと帰る道で,ママは福岡の祖母のことを思い出しました。
ママ母(=ララたちのおばあちゃん)の実家は,福岡の山の中にあって,おじいちゃんは銀行マンだったけれど,家の前に小さな畑があり,おばあちゃんがそこで野菜を育てていました。
きゅうりも,なすも,ぐいんと曲がっていたっけなー。

おばあちゃんたちの家は,ママがまだ小さかったころは,土蔵や井戸があり,土間があり,使ってなかったけれどかまどもあって,かつお節も箱型の削り器を使っていたものでした。その後改築してしまったけれど,もしあのままだったら,ララたちが3年生の頃から勉強している「むかしのくらし」にぴったりの教材になっただろうなー。

おじいちゃんは,ママが結婚するより前に,おばあちゃんもララが生まれて4ヶ月後に亡くなってしまったけれど,この元気なひ孫たちを天国から目を細めて見守っていてくれるんだろうなー。

そんなことを考えながら,今日は晩御飯のおかずにきゅうりとみょうがの浅漬けを作りました。
ララは「夏にきゅうりは最高ですー」とかなんとか言いながら,パクパク食べていました^^。
[PR]