「天使,点火。」

昨日,ミミの幼稚園のクリスマス会がありました。

第一部は,ページェント。最初のクリスマス,キリストの誕生のときのお話を劇にしたもので,年長さんたちが演じます。
ミミは,天使の役。ララが年長のときにやった役と一緒。
そして,なんと。15人くらいいる天使の中で2人だけ,ホールの2箇所に設けられた燭台に,ろうそくの火をともす「天使,点火」の大役をやることになっていました。(天使さんたちの中から希望者でジャンケンをし,負けた人がやることになっていたそう。ミミは,希望者を募ったとき最初手をあげていなかったようですが,先生に「ミミちゃん,本当にいいの?いいの?」とのせられて?手をあげたら,結果大役を射止めてしまったようです。他の子たちの3倍くらい,大勢の人に注目されることが嫌いだというのに!!)

天使の点火は,園児たちがホールに輪になって着席し,その周りから年長さんの保護者たちが見守る中ページェントの劇が始まる前に行われます。厳かな雰囲気の中,先生の「天使,点火」のアナウンスが響くと,ミミともう一人の天使さんがすっくと席をたち,先生から手渡された火のついたろうそくを手に園児たちの前を半周歩いて燭台の前に立ちました。そして,別の先生に手を添えられながら点火。もう一人の天使さんと合図を送りあってタイミングを合わせ,また中央にもどって,先生にろうそくを返しました。

はぁーっ。無事にできました。ミミなら大丈夫,とわかってはいても,本人が緊張していることが前日からビンビン伝わってきていたので,ママも内心ドキドキしてしまいました。

その後ページェントの劇もつつがなく終わり,ママたちは「さすが年長さんね」と感動していました。

さて,第二部は先生たちがハンド・ベルの演奏や,歌,劇などを披露してくださるお楽しみ会。子どもたちは,親と一緒におやつを頂きながら,鑑賞?です。ミミも大役を果たし,緊張から開放されて,かなりリラックス,というよりいつもよりはしゃぎ気味。
家に帰るとさらにテンションが上がり,絶好調!(笑)

本当に緊張してたんだよね。立派にできたよ♪
[PR]
by binnette | 2007-12-14 22:09 | 幼稚園