読み聞かせ * 『おじさんのかさ』

1年2組に読み聞かせに行きました。さのようこさん作・絵『おじさんのかさ』

じぶんの素敵なかさをとても大切にしていて雨が降っても決してさそうとしなかったおじさんが,ある日「あめがふったらぽんぽろろん,あめがふったらぴっちゃんちゃん」という子どもの歌声に本当かな。。。と傘をさし,「ほんとだ,ほんとだ」と雨の中を傘をさして歩く楽しさを見つけるお話。

机がコの字型に並べてあって,中央のあいているスペースにみんなで集まって床に座ってお話を聞く1年生たち。とっても,とーってもかわいかったです♡



ミミたちの学校には児童用の昇降口が2箇所にあり,1年生と6年生が同じ所に下駄箱があります。6年生の子は1年生の面倒をよくみてくれて,ミミも登校途中で転んで足をすりむいてしまったとき,6年生の子がすぐに保健室に連れて行ってくれたそうです。
今日も,6年生に手をつないでもらってお教室に入ってくる子,朝のお支度を手伝ってもらっている子もいました。読み聞かせのためにママともう一人のお母さんがお教室に入っていくと,6年生の男の子が「席についてくださーい」と大きな声をかけてくれて,頼もしかったです。
ララたちが移動教室に出発するときも,3階の廊下の窓から「いってらっしゃ~い!!」と手を振ってくれる子がたくさんいました。
良い子たちだわ~^^♪
[PR]
by binnette | 2008-06-20 23:47 | 小学校