『わたしの赤毛のアン』

5月に上野の子ども図書館に行ったとき,子どもたちがお話会に参加させていただいている間にちょこっとだけ読んだ本,『『赤毛のアン』を書きたくなかったモンゴメリ』の続きがとても気になっていたのですが,他の方のブログでモンゴメリの生涯について書かれた他の本が紹介されているのを見つけ,図書館で借りて読んでみました。

『わたしの赤毛のアン』

アンのシリーズの本はたくさんあり,それを全部翻訳版の文庫本で持っているのですが,作者の生涯はその作品たちからは想像もつかないような面がたくさんあり,驚きました。『赤毛のアン』を出版したときにマーク・トウェインから賛辞の手紙が来たエピソードなどは興味深かったです。

もう一つ驚いたことは,この本の訳者が『お菓子の国のプリンセス』などのレシピ本も出しているマンガ家の折原みとさんだったこと。
[PR]
by binnette | 2008-08-16 17:38 | 本の話