イネ

夏休み中家で育てていたバケツ稲。今日は5年生の保護者会があったので,学校に持っていきました。昨日はミミのアサガオを自転車の前かごに載せていったのですが,アサガオはもうだいぶ葉が落ちていたのでそんなに問題はありませんでした。が,イネを前かごに載せたら,前が見えませ~ん!向こうから人や車が来ませんようにと心の中で祈りながら(笑),そろりそろりと自転車を走らせていきました。
a0074202_22293542.jpg
稲穂が垂れて,イネらしくなりました♪
上から見るとこんな感じ。いったい何本穂が出るんでしょう。まだ青い穂も隠れています。
a0074202_22424382.jpg
8月の終わり,真夜中に激しい雷雨があり,かなり長い時間だったし,雷の音も地響きが聞こえるようなことがあり,「イネ,ウッドデッキに出しっぱなしなのにどーしよー(涙)」と眠れなくなってしまったことがあったので,その後雷が鳴り出しそうな気配のときは,毎回軒下の雨風を避けれる所へイネを避難させ,翌朝また日当たりのよい場所に出していました。
本で,イネの成長のためには冷たいお水ではなく温かいお水がよいので,農家の方たちは朝5時に田んぼに水をあげにいき,日が昇ると共に水温が上がるようにしておくのだと読んでからは,ララにも朝起きていちばんにイネの水遣りをするようにさせていました。(ララが起きるのは早くて7時過ぎでしたが(^^ゞ)
学校で無事に収穫の時を迎えられますように。おいしいお米になりますように。
[PR]
by binnette | 2008-09-10 22:44 | 小学校