オーディション合格*

ララがピアノ伴奏のオーディションを受けたのは3回目。

1回目は音楽発表会のとき。合唱曲『帰りの会のサンバ』の伴奏。落選。
この曲にエントリーした子が多かったし,ララは合奏の曲でバス・マスターを弾かせてもらうことで満足していたようでした。

2回目は6年生を送る会で5年生が披露するリコーダーの伴奏の1曲目。『生命の息吹』。
NHKの『生き物自然紀行』の中で使われた曲のようですが,オープニング・テーマではなく,3連符が流れるようにメロディを作っていくような,とても素敵な曲。ママはとーっても気に入ってしまって,自分でも弾いてみたりして。ララの弾き方にも合っているように思ったので,「この曲で伴奏のオーディションに受かったら,かわいいお洋服でも買ってあげちゃおうかなー」と言っていたのですが,落選。

オーディションを受けた先週金曜日は,帰宅してランドセルを置くとすぐに「悲しいの」と言って泣きだしました。ママもとても残念だったけれど,明らかに練習不足。毎日毎日,言われなくてもゲームの時間は確保するのに,ピアノの練習はママが何度も声をかけてやっと始めたと思ったら,ちょこっとしか弾かないんだもの。オーディションでは,前の順番の子がとてもうまく弾いたので緊張したと言っていましたが,十分に練習して自信があれば,そんなことは関係ないはず。悔しいと思ったら,次は絶対!という気持ちで練習しなさいと叱咤激励しました。

そして,今日は3回目のオーディション。送る会で演奏する曲の2曲目。『威風堂々』。
土日はさすがにいつもより多く練習していましたが,がっしりした和音が続くので,ララにはどーかなと思いましたが,なんとか合格。でも,課題あり。しっかり練習しなくちゃね。




ララが「学校のピアノの鍵盤は重い」と言っていたのですが,そーいえば,学校のピアノってどのくらいの頻度で調律するんでしょう。送る会で弾くであろう体育館のピアノは,音楽発表会の前に調律したのかな。あのピアノはね,ママも弾いたんだよ~。なんのときだか,校歌の伴奏もしたし,いちばん覚えてるのは学芸会で器楽部の発表があって,”クシコス・ポスト”のピアノを2人で担当する予定だったのにお友達が引っ越してしまって,メロディパートをオクターブで弾くという暴挙に出たのでした(笑) 音楽室のピアノも体育館のピアノもあのころのままなのかな~。まさか,ずっと調律してない,なんてことはないよね^m^
[PR]
by binnette | 2009-02-02 22:42 | 小学校