話が違う

ララが5年生のリコーダーの演奏のピアノ伴奏をするのは,6年生を送る会でのことと思っていたら,実は卒業式で6年生が入場する場面であることが昨日もらってきた学年だよりで判明。「話が違うじゃーん」と言ったら,ララは「えっ?言わなかったっけ?」と澄まし顔。だ,大丈夫なんですか?6年生が”威風堂々”と入場行進できるように,万が一にもコケないでね。母は心配の種が一つ増えた~(^_^;)

話が違うと言えばもう一つ。夜寝る前には「明日から”どうもり”(=どうぶつの森)やらなーい。目をよくしてメガネかけないほうがかわいいし,DSやりたーい(DSは視力が上がるまでお預けになっている)」と言ったり,「やっぱ週末だけ”どうもり”やることにしよ~」などと言っていたミミとララ。翌日午後学校から帰ってくると,「やっぱり”どうもり”やりたい。週末だけキャンペーンは来週からにする」とか「来月からにする」とか。朝令暮改ならぬ暮令夕改?明日から3月ですけど,さあどうする^^?
[PR]